食物繊維の豊富な食材

食事

腸内環境を整える栄養

玄米とは、精白されていない米のことで白米よりもミネラル、食物繊維、ビタミンが多く含まれています。玄米を炊飯器で普通に炊いた場合、白米よりもボソボソとした食感になります。現代では、健康食品としての位置づけになります。栄養素を白米と比較した場合、カロリーは白米とほぼ同じで食物繊維が豊富に含まれGI値が低くなります。ビタミンB群、ガンマオリザノールも多く含まれます。食物繊維は白米の5倍ほどになり腸内で善玉菌の栄養になり便秘の改善や腸内環境の改善に効果が期待できます。ビタミンB群は、代謝に欠かせない栄養素で不足した場合は、エネルギーが少なくなり疲れやすい体質になります。また、ビタミンB2は肌や粘膜の保護に影響することから玄米は、美容面でも役に立つ食材といえます。玄米に含まれる胚芽は、ガンマオリザノールで血糖値を下げる効果があり、血糖値が上がりにくいということは糖尿病の予防にもつながります。玄米は、ダイエットに向いている食材であると言われます。食物繊維が多いということは、便秘の解消に効果があります。便秘になると代謝が悪くなり栄養の吸収も悪くなります。体は、エネルギーが足りないと判断し必要以上に食べたくなります。また、血糖値を上げにくい働きは大事になります。血糖値が上昇するとインスリンが分泌され糖分をエネルギーにして血糖値を下げようとします。しかし、変えられなかった糖分は、中性脂肪として溜められていきます。玄米に多く含まれる食物繊維は、血糖値の上昇を緩やかにしてインスリンの分泌を抑えることになります。

Copyright© 2018 健康生活を送るなら玄米がオススメ【美肌やダイエット効果も期待】 All Rights Reserved.